コッファの製品づくり

コッファが製品づくりで大切にしているのは、保育現場から生まれる“アイデア”です。

コッファでは、保育士さんをはじめ保育の現場に携わる方々のアイデアを積極的に取り入れた製品づくりを行っています。
今あるコッファ製品のほとんどが、最初は保育施設のプランニングの際に特注でデザインしたもの。これまでに製作した特注品の中から、使い勝手のよいものを厳選してラインナップに加えています。ぜひお気軽に皆様のご意見・ご要望をお聞かせください。

オリジナリティのある製品づくり

コッファでは「オリジナリティのある製品づくり」を目指しています。
製品化が難しいものでも工夫を凝らし、できる限り実現を図ります。

保育現場に特化したノウハウ

コッファは保育現場に特化した専門性の高いノウハウを豊富に備えています。お客様のニーズを的確にキャッチした上で、よりよいご提案をいたします。

多角的な視点からの適切なアドバイス

目的が明確な製品でも、安全に使用するためには、様々な課題を解決しなければなりません。コッファでは、多角的な観点から適切なアドバイスをいたします。

コッファの特注家具について

「こんな家具があったらいいな」「子どもたちでも安心して扱える製品がほしい」など、コッファに寄せられるご要望は様々です。どのようなご依頼にもお応えいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
家具の素材、製作する数量は問いません。お客様の用途や目的に応じて素材(木材・金属など)を選定し、使い勝手・デザイン性ともに優れた特注家具を製作いたします。

まずは、電話・FAX・Eメールいずれかの方法で、先生のご要望をお聞かせください。

ご要望を基に、概算のお見積書を提出。ご予算のご都合が合えばデザイン・設計を開始します。

製品のデザイン・設計のご提案をします。ご納得いただけるまで何度でも修正いたします。

デザインをご了承いただけたら製作開始です。ご承認後、約45日後に製品をお届けします。

保育士さんとの共同開発

コッファには、保育現場の皆様のちょっとしたご要望やアイデアから生まれたオリジナル製品がたくさんあります!
ここでは、保育士さんと共同開発してできた製品の実例をご紹介いたしますので、ぜひ参考になさってください。

  • おしたくたんす
  • すごろくシリーズ
  • スツール
  • Cqベビーチェアー

子どもたちが自分でおしたくできるロッカー おしたくたんす

ボクにもママにもうれしいこといっぱい! 使い勝手のよいカウンター式ロッカーができました。

「子どもでも衣服の出し入れができるようなロッカーをつくりたい」というお客様の声にお応えして、カウンター式で両面使える「おしたくたんす」を開発しました。

保育士さんのご要望その1 子どもが自分で使えるロッカーにしたい!

安全でつかみやすい取手を取り付け、高さも子どもに合わせて工夫しました。自分でおしたくさせることは、子どもに「できた!」を実感させるのにも役立ちますね。

保育士さんのご要望その2 両面から荷物が取り出せるカウンター式にしたい!

両面が使える利点を活かして、子どもが使う面には発達を促す工夫を、保護者が使う面にはスムーズに衣服を交換できる工夫を施しました。

保育士さんのご要望その3 きれいな衣服と汚れ物を分けて収納したい!

上下2段ずつ使用するようにし、きれいな衣服と汚れ物を取手の色で区別するようにしました。

Point

「おしたくたんす」の引き出しのある面が、子どもが使う面です。上下2段にそれぞれ赤と緑の取手を取り付け、「赤はきれいな衣服、緑は汚れ物」と取手の色で引き出しを区別。子どもの判断力や管理能力を養う要素を盛り込みました。
反対面は保護者が使用する面です。樹脂ボックスがそのまま取り出せる仕様なので、子どもがつめた衣類の取り出しも、新しい衣類の補充もスムーズに行えます。
「おしたくたんす」は、荷物の量・人数・設置するスペースなど、園の要望に合わせて細かにサイズ設定が可能です。現在、多くの園でご利用いただいております。

PAGE UP

発達障害児向け玩具 すごろくシリーズ

何が出るかな?数字の世界でひと遊び!段階的にカスタマイズして遊べるすごろくができました。

「発達障害のある子どもたちが、遊びながら数字の概念を身につけられる玩具として、すごろくを製作したい」とのお話をいただき、「まっすぐ進むすごろく」「つなげるすごろく」の2種類を開発しました。

保育士さんのご要望その1 盤面は、まっすぐ進むだけのシンプルなものにしたい!

マスの難易度については綿密な打ち合わせと変更を重ね、盤面は配色やデザインを工夫して見やすくしました。「1回休み」や「1つもどる」など、指示の種類を少なくし、“わかりやすくてカワイイ盤面”に仕上がっています。

保育士さんのご要望その2 サイコロの目を「1と2だけ」「1〜3だけ」など、少なくしたい!

数字の概念を効果的に身につけることができるよう、少ない種類の数字で構成された特殊仕様のサイコロを5種製作しました。

Point

シンプルな「まっすぐ進むすごろく」の他に、難易度を変えて遊べる「つなげるすごろく」も製作。バラバラになっているマスを自分でつなげて、いろいろな難易度のすごろくをつくることができます。
同じ方法で遊ぶゲームを段階的にカスタマイズしていくことで、無理なく数字の概念を身につけられるよう工夫しています。

PAGE UP

姿勢がよくなるイス スツール

背筋が自然にスッと伸びる!子どもの姿勢がよくなるイスができました。

「ランチルームのイスを新しくしたい」とのご依頼をいただき、それに伴って機能性・デザイン性ともに優れたイスを開発しました。スチールの脚と木製の座面を組み合わせるなど、耐久性にもこだわっています。

保育士さんのご要望その1 姿勢が悪くならないよう、背もたれがなく寄りかかれないイスにしたい!

「子どもは背もたれのないイスだと、寄りかかれないので姿勢がよくなる」とのお話から、背もたれのないスツールを製作。木の温もりを生かした、かわいいデザインにしました。

保育士さんのご要望その2 子どもの体格や成長に合わせた、サイズ違いのイスがほしい!

直径30×高さ23cm(3歳児用)、直径30×高さ26cm(4歳児用)、直径30×高さ39cm(5歳児用)の3種類を製作しました。日々の活動の中では、お片付けをすることもあるので、6脚までスタッキングできるようにしました。

Point

いろいろな年齢・体格の子どもたちが一緒に生活することを考えて、サイズ違いのイスでもスタッキングできるよう工夫しました。なお、こちらの製品は、数量に関わらず特注サイズのご依頼にも対応できます。

PAGE UP

子どもの体格に合わせて高さが変えられる Cqベビーチェア

ぴったりサイズでしっかり座れる!成長に合わせてサイズ調整できるイスができました。

0〜2歳の子どもたちには、体格の差が出やすいものです。それぞれの子どもがしっかり座れるよう、体格や成長に合わせてサイズ調整ができるイスを開発しました。

保育士さんのご要望その1 子どもの体に合わせて、サイズ変更ができるようにしたい!

ドライバー1本で簡単に調整できるよう、構造を工夫して設計しました。座面の高さは3段階で調整(17・20・23cm)することが可能です。

保育士さんのご要望その2 体の小さな子どもでも、落ち着いて座れるようにしたい!

体が小さくてもしっかりフィットさせるために、3段階の座面高調整でも足が床につかない場合には、ベースプレートを取り付けて足がつくよう工夫しました。背中部分は、背板と背中の隙間にクッション(Cqクッション)を入れて調整します。

Point

まだイスに慣れていない乳児でも、両足が床につき、背中がしっかりフィットしていれば、落ち着いて座ることができます。子どもたちそれぞれに合わせて細やかな調整ができるよう、的確に調整ポイントをつくりました。また、Cqクッションにはカラフルな4色をご用意し、どれが自分のイスかをわかりやすくしました。