製品のご案内

Home > 製品のご案内 > おひるね

おひるね

$img
ベビーベッド
それぞれの子どもの発達に合わせた、おひるねの環境を用意します。
眠る時間の長い、0歳児の初め頃。
他の子どもに邪魔されず安心して寝られるベビーベッドを常設するのがおすすめです。
また、月齢がすすむにしたがって寝る時間が短くなり、ベッドを使わなくても大丈夫になるので、コンパクトに折りたためる物を選ぶと空間を有効に使えます。
ベビーベッド
ふとん
先生が一緒に添い寝できる布団
それぞれの子どもによって寝る時間が、バラバラの1歳児。子どもが寝たいときに、簡単に用意できるふとんが便利です。
また、眠りに入るとき、起きたときに不安を感じて、泣きだすことがあるので、先生が一緒に添い寝できるふとんは最適です。
ふとん
コット
床に直接触れずに寝られて、衛生的
床に直接ふとんを敷かないコットは、とても衛生的。
また、床面とコットの間に、空気の層ができるので、ふとんに比べ「夏は涼しく、冬は暖かい」環境をつくることができます。
コット
マット
怪我の心配のないマットが新定番
これまでおひるねといえば「コット」が定番でしたが、積み重ねる部分で怪我をする恐れがあるため、海外では使われなくなっているそうです。これからの新定番はシンプルなおひるねマットでキマリ!
表面強度が強い布地を使用しているので、とても丈夫。ワゴンやシーツも合わせてラインナップ。
マット

メールでのお問い合わせ