園づくりのアイデア

いろいろなあそびの空間づくりをご提案

いろいろな子どもたちの成長にあった環境を用意し、発達状況や興味を見極め、日々の変化・発展を見守ります。

あそびのコーナーは子どもの興味によってつくられ、変化していく空間です。
園児の成長や発達に合わせた空間デザインで、子どもが園生活を楽しみながら健やかに成長できる保育環境をつくります。

えほんコーナーの作り方

興味・発達に応じた様々な本を用意しましょう。思わず本を手にしたくなる、選びやすい本棚にします。

興味・発達に応じた様々な本を用意しましょう。思わず本を手にしたくなる、選びやすい本棚にします。

興味や発達に応じた本が読めるように、繰り返しの言葉や文字数の少ない簡単な絵本、子どもの生活体験に近い絵本や物語など、1〜6歳の子どもが楽しめる本を、幅広く準備してください。目立つところに置く本は、子どもたちの様子をみて差し替え、子どもたちが思わず本を手にしたくなる本棚にします。また、ひとりでも友だち同士でも楽しめる図鑑や迷路、まちがい探し、友だちの顔写真を集めた手づくりの本なども置きましょう。色や写真などによって分けて並べ、子どもたちにも整理しやすい環境にします。

BOOKS CORNER

せいさくコーナーの作り方

子どもたちが「つくりたい」と思った時、すぐにつくれる環境と、完成した作品の展示コーナーを用意しましょう。

興味・発達に応じた様々な本を用意しましょう。思わず本を手にしたくなる、選びやすい本棚にします。

子どもたちが「つくりたい」と思った時に、すぐに作ることができるように環境を整えましょう。制作意欲がわくように、色紙・粘土のほか、お花や葉っぱなど様々な素材を用意し、必要な道具を種類ごとに分けて置きます。はさみ等の危険が伴う道具は、子どもたちの成長ペースに合わせて、一人の保育士が見守れる数だけを準備します。また、製作したものを使ってままごとゾーンで遊べるように、隣接した位置にセッティングします。子どもたちといっしょに室内装飾できるように、完成した作品の展示コーナーも用意しましょう。

WORK CORNER

ままごとコーナーの作り方

ままごと玩具や変身グッズなどを用意し、友だちといっしょにイメージの世界を楽しめる空間をつくります。

興味・発達に応じた様々な本を用意しましょう。思わず本を手にしたくなる、選びやすい本棚にします。

子どもたちが「つくりたい」と思った時に、すぐに作ることができるように環境を整えましょう。制作意欲がわくように、色紙・粘土のほか、お花や葉っぱなど様々な素材を用意し、必要な道具を種類ごとに分けて置きます。はさみ等の危険が伴う道具は、子どもたちの成長ペースに合わせて、一人の保育士が見守れる数だけを準備します。また、製作したものを使ってままごとゾーンで遊べるように、隣接した位置にセッティングします。子どもたちといっしょに室内装飾できるように、完成した作品の展示コーナーも用意しましょう。

PLAY HOUSE CORNER

ブロック・つみ木コーナーの作り方

つみ上げたり、形をつくったり…構成あそびに集中できるコーナーをつくります。製作したものでも遊べるように、製作中のものを置ける場所を用意しましょう。

パズル・ゲームコーナーの作り方

形を認識し、部分から全体へとつながるパズル遊びや、ルールのある中で友だちと遊ぶことを覚えるボードゲームなどを用意します。

科学・学びコーナーの作り方

子どもはとっても探究心旺盛。自然や科学と触れ合い「どうなってるの」と考えます。子どもたちの観察力や発見力を見いだせるコーナーをつくります。

ロフトコーナーの作り方

高さや奥行きを感じられる立体的な空間は、とても魅力的です。いつもとは違った目線で眺められる子どもたちだけの秘密基地は、とっておきの場所になります。

運動コーナーの作り方

のびのび運動できるスペースを確保します。難しい動きを取り入れた遊具などを用意し、身体全体をしっかり動かして遊べるようにします。

ハーモニーコーナーの作り方

けんかをした時には、友だちと向き合い「自分の気持ちを伝え、相手の思いを知る」ことが重要です。子どもたち同士の調和を大切にします。

リラックスコーナーの作り方

集団生活の中では、ずっとみんなといっしょです。ちょっとほっとしたい時や、ひとりになりたい時もあります。子どもたちが落ち着いて休憩できる空間を整えましょう。

メールでのお問い合わせ